スリン

スリンってどんなところ?

スリン県は私たちの住(す)んでいるバンコクからは東(ひがし)に約(やく)457km。車(くるま)だと6時間(じかん)くらいかかります。象祭(ぞうまつ)りと絹(きぬ)の織物(おりもの)などの手工芸(しゅこうげい)品(ひん)、900年(ねん)も前(まえ)につくられたクメール遺跡(いせき)があることで有名(ゆうめい)です。スリンはタイの隣(となり)の国(くに)、カンボジアにもラオスにも近(ちか)いのでクメール民族(みんぞく)、ラオス系(けい)の民族(みんぞく)が多(おお)く、また象(ぞう)の調教(ちょうきょう)を得意(とくい)とするスアイ族(ぞく)も暮(く)らしています。

象祭(ぞうまつ)り

タイの3大祭(だいまつ)りの一(ひと)つです。毎年(まいとし)11月中旬(がつちゅうじゅん)の週末(しゅうまつ)に行(おこな)われ、世界中(せかいじゅう)から観光客(かんこうきゃく)が詰(つ)めかけます。象(ぞう)と人間(にんげん)の戦(たたか)いの劇(げき)や、象(ぞう)のサッカー、象(ぞう)のダンス、象(ぞう)のパレー

ドなど、とても迫力(はくりょく)のあるいろいろな見(み)せ物(もの)を披露(ひろう)してくれます。とこのお祭(まつ)りには250頭以上(とういじょう)の象(ぞう)が参加(さんか)するそうですよ!

スアイ族(ぞく)と象(ぞう)はずっと前(まえ)から家族(かぞく)のように一緒(いっしょ)に住(す)んでいたそうで、人間(にんげん)の言葉(ことば)も分(わ)かるほど利口とも言(い)われています。

絹(きぬ)の織物(おりもの)

絹(きぬ)(シルク)という滑(なめ)らかな糸(いと)からつくる蚕(かいこ)という虫(むし)を育(そだ)てて、その糸(いと)を織(お)って布(ぬの)をつくります。スリンの織物(おりもの)は伝統的(でんとうてき)で珍(めずら)しい色(いろ)と模様(もよう)で有名(ゆうめい)です。こんなきれいな織物(おりもの)を作(つく)っている村(むら)がいくつもあります。

ムアンティー遺跡(いせき)

900年前(ねんまえ)のクメール王朝時代(おうちょうじだい)にレンガを積(つ)み上(あ)げてつくった棟(とう)が今(いま)も残(のこ)っています。アユタヤの遺跡(いせき)よりももっと昔(むかし)につくられたんですよ。

スリン県Agricultural Ecology and Arts

ページ上部へ戻る